忍者ブログ
スポーツってやるのも見るのもいいですね。
[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

◆広島9x―8阪神=延長10回=(1日・マツダスタジアム)

 虎が球史に残る泥仕合を演じた。9回で両軍合わせて26四球のプロ野球記録に並び、延長の末、27四球と1死球が乱発した大乱戦は、延長10回にサヨナラで敗戦。「勝たせてあげたようなもの」。5時間24分のタクトを終えた金本監督は、怒りを通り越してあきれ顔だった。

【写真】広島・安部に盗塁を許す阪神・上本

 延長戦に入っても自滅の連続だった。無死一塁からドリスがけん制悪送球で1死二塁とすると、遊撃で途中出場のドラフト5位の糸原が平凡なゴロをファンブルした末に一塁悪送球。1死一、三塁とピンチを広げ、ジ・エンドとなった。昨季はリーグワーストの97失策の守乱に泣いたが、今季は開幕戦の3失策に続く4失策で数字上は500失策ペースだ。

 試合後の指揮官が名前を挙げて糾弾したのは、高山と上本だった。高山は8回無死、菊池の左飛を落球。上本は6回無死一塁の安部の二盗で、梅野のアウトのタイミングのストライク送球を取り損ねた(記録は失策つかず)。「自分の範囲のノーバウンドはノー文句で捕らないと。最後の糸原はルーキーだし、あれは責められないと言えば、責められない」と、攻撃面では開幕から好調の1、2番コンビに猛省を促した。

 さらに報道陣に自軍の与四球の数を逆取材し、13の数字に「ハ~ッ」と深いため息をついた。開幕戦を62年ぶりの2ケタ得点で飾った勢いを生かせないミスの連鎖。「勝ってもおごらず、負けてもくじけず」が今季のモットーだが、あまりにもダメージの深い黒星だった。(島尾 浩一郎)

金本監督、まだ始まったばかりです。挽回、挽回!!!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
KEY   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]