忍者ブログ
スポーツってやるのも見るのもいいですね。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

高梨「切れがなかった」、4年後の再挑戦に誓い立てる


ソチ冬季五輪、スキージャンプ女子ノーマルヒル決勝。試技を終えインタビューに臨む高梨沙羅(Sara Takanashi、2014年2月11日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News 【AFP=時事】ソチ冬季五輪で初採用となったスキージャンプ女子に出場した高梨沙羅(Sara Takanashi)は、メダルを逃した11日の試合を振り返り、何が悪かったのかを手探りしている。

 今季のW杯で総合首位に立つ17歳の高梨は、2シーズン続けて表彰台を独占し、今大会のメダル確実ともいわれていたが、予期せぬ結果で4位に終わった。

 昨季のW杯で総合優勝を飾った高梨は、「やはりどこか違うところがあるなと感じました…。こわばっていつもの切れがなかった」と語った。

「平常心を保っていたつもりでしたが、何かが違っていました。メンタルの弱さだと思います。集中するべきときにできなかった、もっと経験が必要です」

 今季W杯13戦中10勝を収めた高梨が、ジャンプ女子の金メダル第1号を獲得することを誰もが期待していた。

 しかし、1回目のジャンプで3位につけた高梨は最終的に点差を埋められず、W杯総合2位のドイツのカリナ・フォクト(Carina Vogt)が優勝を飾ると、オーストリアのダニエラ・イラシュコ・シュトルツ(Daniela Iraschko-Stolz)が銀メダル、フランスのコリン・マテル(Coline Mattel)が銅メダルをそれぞれ獲得した。

 本人だけでなく、多くのライバルも高梨が表彰台入りを逃したことに驚きを示している。

 2013年の世界選手権(Nordic World Ski Championships 2013)では高梨を押さえ世界女王に輝きながらも、膝のけがに苦しんだ米国のサラ・ヘンドリクソン(Sarah Hendrickson)は言う。

「五輪は恐ろしい舞台よ。彼女も普通の人間だということだと思うけど、それでも素晴らしい選手だと思うわ」

「本当に、あなたは素晴らしい選手でこれからまた良いシーズンが来るわ、と言ってあげたい」

 高梨と同様に1回目のジャンプで伸び悩みながら2位に入ったイラシュコ・シュトルツもまた、高梨を擁護した。

「驚いたし、申し訳ない気持ちになったわ。過去2シーズン最高の選手としてコンスタントなジャンプを飛び続けていたのに、今日はベストのジャンプができていなかった」

 2011年の世界選手権で優勝したイラシュコ・シュトルツは「(4位より)下に落ちるのは大変よ。その気持ちが分かるの」と語った。

「でも、彼女はまだ若いし、きっと努力しながら戦い続けて将来メダルを獲る。確信してるわ」

 高梨自身も、すでに先を見ている。表彰台入りした選手たちを素直に祝福し、高梨は誓った。

「もしチャンスがあるなら、もっと磨かれた選手になって五輪に戻りたい」

「スキージャンプ以外にやりたいことはありません」

「スキージャンプ女子のレベルはどんどん上がっているので、それについて行けるようベストを尽くします」

【翻訳編集】AFPBB News

沙羅ちゃん、4年後にリベンジだね。

そう、取るなら金だよ!応援しています!!!
PR
スポニチアネックス 2月7日(金)5時31分配信

 先発落ちが濃厚と見られていたACミランの日本代表MF本田圭佑が8日のナポリ戦で急転、先発する可能性が浮上した。

 5日の練習はカカーが風邪で欠席。ガゼッタ・デロ・スポルト紙は「ナポリ戦のメンバーとして招集される可能性はゼロに近い」と伝え、代役のトップ下として本田の先発を予想した。一方、コリエレ・デロ・スポルト紙は新加入したモロッコ代表MFターラブトがトップ下に入ると予想するなど、本田を取り巻く環境は慌ただしくなってきた。

本田ちゃんも頑張っていますね。

W杯には是非中村俊ちゃんを招集しましょうザックさん!!!



本田も香川も全盛の中村には足元にも及ばない。
日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督(60)は合同インタビューに応じ、6月のブラジルW杯に向けた抱負を語った。気になる最終メンバー選考について、昨季のJリーグMVPのMF中村俊輔(35=横浜M)とJ1得点王のFW大久保嘉人(31=川崎)の2人が、63人の代表候補リストに入っていることを示唆した。

 --W杯イヤーを迎えた心境は

 ザッケローニ監督:ポジティブな心境でいる。チーム力、チームとしてのパーソナリティー、プレーの組織力が急激に成長したと実感している。フィジカル、メンタルが100%の状態で試合に臨めれば、世界のトップ10と引き分けられる可能性はあるし、時には勝てる可能性もあると思う。ただし60%しか出せない試合では、引き分けや勝ちに持ち込めるチームにはなれていない。だから(W杯までの)6か月の目標は、いかにチームを100%の状態で本番にぶつけられるかというところに懸かってくる。

 --最終選考で新しい選手が入るのは難しそうだが、どれくらい入れ替わる可能性があるのか

 ザッケローニ監督:63人の代表候補選手がいて、ここから6か月の間に非常にいいパフォーマンスを見せ、いい状態の選手がいると当然リストにも入ってくる。また、この3年間で代表チームに貢献したメンバーで、最近は呼ばれていないメンバーもいる。当然忘れているわけではなくて、いい状態に戻ってくるようであれば復帰する可能性はある。移動距離も長いし、非常に暑く湿気があるところで(試合を)やるから、コンディションのいい選手が必要だ。

 --63人の基準は

 ザッケローニ監督:単純に自分から見て、W杯に来て活躍できる力を持った選手が63人いる。呼んだことのないメンバーも入っている。JリーグMVP(俊輔)と得点王(大久保)の名前? メンバーは明かしませんけど、おそらく入っているんじゃないか(笑い)。活躍しているメンバーは名を連ねているので。

 --以前(ベテランの)スキラッチ選手が1990年イタリアW杯直前でイタリア代表に呼ばれて活躍した例を話していた。そういう選手が入ることによるチームへの影響は

 ザッケローニ監督:イタリアではスキラッチの例もある。新しい選手を呼んだほうがいいですか?

 --過去の日本代表では、合宿地でメンバーを絞ったり(2010年南アフリカW杯の香川真司のように)サポートメンバーを連れて行ったりした

 ザッケローニ監督:イタリア代表を中心に見てきたので、基本的な考え方としては23人で行く。同時に日本のW杯での経験もある。若いメンバーを連れていくことは将来性にもつながるので、検討していきたい。

これを見てください、ザックさん!!!







http://netkyassyu.konjiki.jp/
スポーツ報知 12月21日(土)7時3分配信

 【ペルージャ(イタリア)20日】日本代表MF本田圭佑(27)のACミラン入団が、バルバラ・ベルルスコーニ新副会長兼CEO(29)のプロデュースによるビッグイベントとして計画されていることが明らかになった。新副会長はベルルスコーニ・イタリア前首相でミラン名誉会長の娘。トゥット・スポルト紙は20日に「本田の入団会見には特別な注意が払われる。単なる会見ではない。サポーターとの単なる触れ合いでもない。マルチメディアのビッグイベントになる」と新たな背番号10への大きな関心を報じた。

 話題の新入団選手はスタジアムで披露されるのが一般的だが、関係者は「徹底的にショーアップする方法も考えられている。スタジアムでなく劇場で披露する可能性もある」と明かす。ファッションとオペラの街ミラノ。イタリア・オペラの殿堂、スカラ座は無理でも、同市内にある本場のテアトロ(劇場)の舞台に立つことがあるという。

 入団会見は選手の格によって変わる。大半は会見だけだが、ビッグネームになればスタジアムで生のユニホーム姿をその日のうちにファンに見せる。ACミランは08年にバルセロナから加入したFWロナウジーニョをサンシーロ・スタジアムでお披露目した。10年には同様にバルサから新入団したFWイブラヒモビッチを開幕戦のハーフタイムに登場させ、サポーターの拍手を浴びた。

 同紙によれば、バルバラ副会長はマルチメディア展開をプラスする考え。インターネットで一連の模様を世界同時配信する。日本でもライブで見られるはずだ。


・・・本田ちゃん、ガンバレ~~~!
巨人・坂本勇人内野手(24)が12月に予定されている米ハワイへの優勝旅行への参加を辞退することが17日、分かった。3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)からフル回転し、今季も4年連続の全試合出場を果たしてきたが、疲労の色が濃く、今オフは疲労回復と体作りに主眼を置き、来季の巻き返しを狙う。


 南国の太陽と澄み切った青い海を楽しむよりも大事なことがある。休息。それが今オフの坂本に与えられたキーワードだ。チームが12月上旬から予定している米ハワイへの優勝旅行参加を初めて辞退することになった。

 「休むところは休む。トレーニングをやりながら、というのは難しいかもしれないけど、そこはやっていかないといけない。1月の自主トレをいい状態で迎えられるようにしたいです」

 秋季練習もあと3日。疲労の色は濃い。今季は4年連続で全試合出場を果たしたが、シーズン後半は故障がちで打率・265と失速した。

 日本一となった昨年からアジアシリーズ、侍ジャパンの一員として出場したキューバとの親善試合、そして初選出された3月のWBCと休む暇もなくフル回転してきた。優勝旅行の期間中に親族の挙式があるのも不参加の一因だが、年内は可能な限りスケジュールを空けて、疲労回復に努めていく。

 「今年よりもいい状態で来年を迎えられるようにしたい」。本格的に動き出すのは、1月にスタートするグアム自主トレから。万全の状態で臨むためにも、つかの間の休息で充電していく。


なるほど、さすがプロ。休息も仕事のうちだ。。
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
フリーエリア
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]